県内の阿波人形浄瑠璃の将来を担う後継者7団体及び個人が出演し、日頃の成果を発表するよ。徳島の定番「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」をはじめ、童歌を交えながら子どもの人形達が微笑ましく遊ぶ、オリジナルの演目「太郎と花子のわらべ歌あそび」など、個性豊かで多彩な演目の数々を上演予定。12日には、徳島に移住した米国出身のマーティン・ホルマンさんが結成した『徳米座』オリジナルの演目を初披露するよ。入場料/一般410円、高・大学生310円、小・中学生200円。

Information

第22回徳島県民文化祭分野別フェスティバル「受け継がれる伝統芸能」

期間
2020年12月12日(土)〜2020年12月13日(日)
時間
12日(土)10:30~14:15、13日(日)10:30~14:00
施設名
徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
住所
徳島市川内町宮島本浦184
料金
入場料/一般410円、高・大学生310円、小・中学生200円
駐車場
お問い合わせ
088-665-2202、FAX 088-665-3683(徳島県立阿波十郎兵衛屋敷)
ホームページ
https://awajurobeyashiki.blogspot.com/2020/11/blog-post.html

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。