鳴門市出世員の評論家・新居格は、戦後の混乱期に数多くの評論を発表。モダンボーイ、モダンガールなどの流行語を生みだした。今回は戦前戦後の時代を駆け抜けた新居の著書や直筆原稿、愛用品や写真などを展示するよ。関連イベントとして8/22(日)には14:00~15:30には講師に田中敏生教授を招いて講演会、9/5(日)14:00~15:00には朗読会を開催(各先着40名、要申し込み)。偉大な功績を遺した多彩な評論家の全体像を学んでみよう。観覧料は一般520円、高校・大学生360円、小・中学生260円。

Information

文学特別展「モボ・モガの生みの親 新居格の仕事」

期間
2021年08月12日(木)〜2021年09月20日(月)
時間
9:30~17:00
施設名
徳島県立文学書道館 1F
住所
徳島市中前川町2-22-1
料金
観覧料は/一般520円、高校・大学生360円、小・中学生260円
定休日
月曜(祝日の場合は開館、翌日休)
駐車場
お問い合わせ
088-625-7485
ホームページ
http://www.bungakushodo.jp/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。