徳島新報や徳島毎日新聞(現・徳島新聞)において、文芸欄の創設と普及に努めたほか、自らも小説や詩、短歌、俳句などを発表。その深い学識と高潔な人柄で多くの人から慕われ、徳島文壇の指導的、啓蒙的役割を果たした井上羽城。彼の生誕150年にあたり、その業績を著作物や原稿、愛用品と共に紹介するよ。観覧料は一般310円、高校・大学生200円、小・中学生100円。

Information

生誕150年 徳島文壇の開拓者 井上羽城

期間
2021年11月03日(水)〜2022年01月16日(日)
時間
9:30~17:00
施設名
徳島県立文学書道館
住所
徳島市中前川町2-22-1
料金
観覧料/一般310円、高校・大学生200円、小・中学生100円
定休日
月曜(祝日の場合は開館、翌日休)
駐車場
お問い合わせ
088-625-7485
ホームページ
http://www.bungakushodo.jp/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。