徳島藩の家臣である矢野家。この家は10代徳島藩主・蜂須賀重喜(はちすかしげよし)のときに、藩の絵師となった。絵師とは、絵をえがくことを仕事とする人々。矢野家の代々の活動について、実物資料をみながら解説するよ。対象は小学生から一般(小学生は保護者同伴)で、定員は20名。参加無料で、往復はがきに行事名・参加者名(年齢・学年)・住所・電話番号を記入の上11/25(木)までに要申し込み。詳細はHPで確認を。

Information

ミュージアムトーク「矢野家の人びと-絵師はどんな暮らしをしていた?-」[11/25申込締切]

期間
2021年12月05日(日)
時間
13:30~15:00
施設名
徳島県立博物館
住所
徳島市八万町向寺山(文化の森総合公園内)
料金
参加無料
定休日
月曜(祝日の場合は開館、翌日休)
駐車場
お問い合わせ
088-668-3636
ホームページ
https://museum.bunmori.tokushima.jp/default.htm

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。