香川県在住の写真家・脇秀彦の写真展。写真のモチーフは多岐にわたり、広告などで“消費される”商業的な写真を撮る一方で、みる者を立ち止まらせるようなインパクトのある作品を制作してきた。本展では、脇秀彦の哲学観を表現した映像・写真作品を紹介する。入館料は一般300円、大学生150円、高校生以下・65歳以上の人は無料。

Information

写真家 脇秀彦 今を生きている

期間
2022年09月16日(金)〜2022年10月23日(日)
時間
9:00~17:00(最終入館~16:30)
施設名
高松市塩江美術館
住所
高松市塩江町安原上602
料金
入館料/一般300円、大学生150円、高校生以下・65歳以上無料
定休日
月曜(祝日の場合は開館、翌日休)
駐車場
お問い合わせ
087-893-1800
ホームページ
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/shionoe/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。