現役最高齢の作家、瀬戸内寂聴さんの90代に執筆した作品を取り上げる。死と隣合わせになった日常を描いた「死に支度」や、愛と性の形を描いた「求愛」のほか、幅広い文学世界を紹介。「生命の日を燃焼し尽くすことが生きることであり、ペンを握ったまま死にたい」と語る寂聴さんの命の結晶をぜひご覧あれ。観覧料は一般520円、高校・大学生360円、小・中学生260円、65歳以上半額(小・中・高校生は、土・日・祝日は無料)。

Information

文学特別展「いのちー90代の寂聴文学」

期間
2020年04月09日(木)〜2020年05月24日(日)
時間
9:30~17:00
施設名
徳島県立文学書道館 1階特別展示室、ギャラリー、3階収蔵展示室
住所
徳島市中前川町2-22-1
料金
観覧料/一般520円、高校・大学生360円、小・中学生260円、65歳以上半額
※小・中・高校生は、土・日・祝日は無料
定休日
月曜(5月4日は開館)
駐車場
お問い合わせ
088-625-7485(徳島県立文学書道館)FAX 088-625-7540
ホームページ
http://bungakushodo-exb.blogspot.com/2020/03/90.html

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。