江戸後期の阿波にとって産業の柱だった藍作。そこには独特な生産の仕組みがあり、日本全国に広がる特殊な販売網があった。文書館が所蔵する古文書などによって、オリンピックで再び脚光を浴びる藍の主産業としての側面を紹介する。9/22(火・祝)、10/16(金)13:30~展示解説を開催。入場無料。

Information

第60回企画展 藍を作り、藍を売る-阿波の主産業・藍-

期間
2020年08月04日(火)〜2020年10月25日(日)
時間
9:30~17:00
施設名
徳島県立文書館
住所
徳島市八万町向寺山
料金
入場無料
定休日
毎週月曜、第3木曜(祝日の場合は開館、翌日休)
駐車場
お問い合わせ
088-668-3700(徳島県立文書館)
ホームページ
https://archiv.tokushima-ec.ed.jp/new_article/00000000407.html

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいのでぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散お願いします♥

テキストのコピーはできません。