企業情報

株式会社三井

商社
徳島市
多様な取引先で幅広い提案ができる商社でありモノづくり企業相談しやすい環境で風とおしのよい会社防災意識も高い企業文具の新製品情報をいち早くゲットできる オフィス環境の提案はおまかせ! 地元企業の縁の下の力持ち的な存在 企業の困りごとにも対応

身近な商品から地域経済を支える総合商社

和洋紙の卸売業として大正2年に創業した、徳島市に本社を置く『株式会社三井』。文房具業界最大手の『コクヨ』と昭和25年に代理店契約を交わしたことから、会社のスタイルは大きく変化し、やがて提携企業の数とともに取り扱う商材カテゴリーを大きく増やしてきた。今や紙だけにとどまらず文房具やOA機器など、企業・学校・病院といったさまざまな場所で必要とされる、マルチな商社としての地位を築き上げるに至った。社内には、創業時から続く洋紙事業部、唯一の製造部門であるフォーム印刷事業部、主にオフィス家具を販売するOSM事業部、ステーショナリーや紙製品などを取り扱うSTM事業部、そしてIT機器の販売からソリューション提案までを行うOA事業部の5事業部があり、それぞれが各分野で専門性を高めながら成長を続ける。さらに巨大地震への備えとしての需要を見据えて防災用品専門店『ソナエル+(プラス)』を開設。非常用持出袋や非常食を販売するだけでなく、防災士資格を持つスタッフらが中心となって各自治体や企業・病院などに防災対策を提案している。100年という長い時間に育てられた『三井』は、時代の流れを読みながら今後も挑戦を続けていく。

この会社の魅力

画像
01

紙の特性を熟知した紙のスペシャリストたち

紙は厚さや手触りなど種類ごとに異なり、それらを熟知した社員が湿度管理を徹底した工場で高品質な商品を製造している。

画像
02

オフィス家具を核とする屋内空間をプロデュース

OSM事業部では事業所や医療・福祉施設の空間設計を提案。安心・安全で心地よい空間づくりを目指している。

画像
03

文房具の魅力と機能を幅広い世代に伝える

『三井』が経営する文房具店『BUNZO』が『フジグラン北島』内に新装開店。文具の魅力やトレンドを発信している。

画像
04

非日常に“備える”ために防災を日常的に提案する

『BUNZO北島店』内に併設する防災用品専門店『ソナエルプラス』では、非常食や簡易トイレなどの防災用品を販売。

会社情報

会社名
株式会社三井
所在地
徳島市北佐古一番町4-27
連絡先
088-633-3311(代表)
事業内容
各種紙類/紙製品/コクヨ製品・OA機器等の販売/フォーム用紙の印刷加工
募集職種
総合職
社員数
102名(男性87名、女性15名)
事業所
徳島、香川、高知、大阪、東京
給与
15万5000円〜(別途手当あり)
昇給
年1回(9月)
賞与
年2回(7月・12月)
休日休暇
年間115日(5〜1月/土・日曜・祝日、2〜4月/第2・4土曜・日曜・祝日)
保険
社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
福利厚生
退職金制度
研修制度
新人研修
主な取引先
一般企業、官公庁ほか
上に戻る
テキストのコピーはできません。