企業情報

社会福祉法人 愛育会

サービス・インフラ
松茂町
採用時に年次有給休暇を10日付与産前産後休業中に給与を支給。3歳まで育児短時間勤務が可能独自の人事考課制度職位別の様々な研修体制メンター制度あり未経験者も安心 スキルを活かした活躍の場あり 福祉以外の職種からの転職も多数 プライベートな時間を十分に確保できる 県下でも有数の歴史を誇る法人 労働基準法の改正毎に手厚い労働条件に見直し変更

自然と手を差し伸べる そんな自分を誇りに思う

1960年「共に生きともに育つ つなぐ輪の広がりを求めて」を基本理念に掲げスタートとした『愛育会』は県内に数ある社会福祉法人の中でも有数の歴史を誇り、その事業展開も多岐にわたる。各事業は3つの部署にて運営構成され、[入所支援部]では生活介護および施設入所支援事業により、意思決定支援や入浴・排泄など生活全般に関する支援を、[就労支援部]では就労継続支援B型、就労移行支援および就労定着支援事業により、仕事を通じて生活の充実を目的とする人や、一般就労を希望する人への支援をそれぞれ行っている。また[地域生活支援部]では地域で自立した暮らしを支えるために必要なサポートを提供している。各事業の支援に共通しているのは、「その人らしい人生を送れること」を目標に良質で安心・安全に暮らせるよう、地域福祉の懸け橋になることである。 これまで積み重ねた歴史に加え、常に地域のニーズに目を向け敏感に反応する。それは「障がいを有する方の人生に幅広く寄り添い、一人でも多くの人に笑顔を」という先人たちの想いが、60年を経た今も承継されている証。これからも、職員一人ひとりが「幸せを実現する」一翼の担い手である自覚を胸に、新しい歴史を刻んでいく。

この会社の魅力

画像
01

利用者さんの
笑顔が原動力

破顔一笑。日々の支援の中では和やかな時間も流れ、利用者にも職員にも自然と笑顔が溢れる。

画像
02

チャレンジ精神を胸に
若い力が大きく躍動

若手職員で構成される「未来創造プロジェクトチーム」。多種多様な意見を提起し、新たな業務に挑戦する。

画像
03

IT技術を用いて
支援に積極活用

IT委員会を設置して情報システムを支援に活用。業務の効率化や支援力の向上を目指す。

画像
04

働きやすく
幸せを感じる環境を

働き方改革を始めとする労働関係法令の遵守や、独自の制度も充実。世代・性別を超えた働きやすい環境を実現。

会社情報

会社名
社会福祉法人 愛育会
所在地
板野郡松茂町笹木野字八北開拓236-1
連絡先
088-699-2055(代表)
事業内容
第一種社会福祉事業/第二種社会福祉事業
募集職種
生活支援員
社員数
161名(男66名、女95名)
事業所
吉野川育成園、なごみ、愛育会地域生活総合支援センター
給与
大卒17万6800円、短大卒16万8400円(年収例:大卒1年目350万円)
昇給
4,000円/年
賞与
1.5カ月(正規登用後4.5カ月・2021実績)
休日休暇
週休2日(勤務割表に基づく、2022度123日)
保険
健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険、雇用保険
福利厚生
住居手当、特別有給休暇(結婚・出産・忌引・夏休 他)、職員健康診断追加費用助成等
研修制度
資格取得支援制度あり。自己啓発に係る希望の研修も受け付けています。
主な取引先
県・市町村よりいただいた報酬により、利用者や関係機関に支援の提供を行っています。
上に戻る
テキストのコピーはできません。