【大麻町特集】家族みんなで陶芸体験するなら窯元・大西陶器へ!絶対買いたい最新アイテムも発見♪

【大麻町特集】家族みんなで陶芸体験するなら窯元・大西陶器へ!絶対買いたい最新アイテムも発見♪

情報掲載日:

 

鳴門海峡の渦のまち・鳴門市の西部に位置する大麻町。
古社寺が点在する、古くから信仰の聖地であり、お接待で培われた人情味が溢れる町です。
そんな大麻町には、大谷焼をはじめとした、
さまざまな体験施設が並んでいます。どれも、大麻町でしか楽しめないものばかり。
そんな大麻町の体験施設を徹底取材します。

 


大麻町を走っていると、目に飛び込むのは焼き物の数々。
大麻町が誇る伝統工芸品・大谷焼です。
伝統と技術を受け継ぎながら、6つの窯元が大谷焼を守り続けています。

大正八年に創業し、昨年めでたく100周年!
今もなお、古くから伝わる“寝ろくろ”の技法による藍甕(あいがめ)、睡蓮鉢(すいれんばち)などの大物陶器を作り続ける『大西陶器』さんで陶芸体験!
今回体験してくれるのは、こちらのファミリー。


写真館を営む桑原さんとそのお子さんたち。そのオシャレなライフスタイルは、インスタグラムでも話題!

お姉ちゃん
お姉ちゃん
初めての陶芸体験、とっても楽しみ!

弟くん
弟くん
カッコイイやつ、作るぞ~!

ママ
ママ
子どもたちより、私が上手に作れるかが心配です(笑)

迎えてくれたのは大西直紀さん。
社会人として3年間送ったのち、京都の陶芸専門学校へ2年間通い、母の実家である窯を継いだ。
大谷焼らしさを残しつつも、流行を取り入れた作品づくりで多くのファンを持つ。

大西さん
大西さん
ようこそ、大西陶器へ。こちらでは手びねり、電動ろくろ、絵付けの体験教室をおこなっています。今日はお子さんがいるので作りやすい手びねりで・・・と言いたいところですが、せっかくなので電動ろくろにチャレンジしてみましょう。

お姉ちゃん
お姉ちゃん
電動ろくろって、勝手に回るやつ!?難しそうだけど、おもしろそう!

大西さん
大西さん
陶芸体験の前に、まずは作りたいものを決めましょう!お皿にお茶碗、マグカップ、湯呑などなど、なにを作りますか?

お姉ちゃん
お姉ちゃん
私はマグカップと、お茶碗かな!

弟くん
弟くん
僕はおじいちゃんとおばあちゃんへマグカップを作る!

ママ
ママ
私は家族おそろいのかわいいお皿を作りたいな!

大西さん
大西さん
わかりました!それでは陶芸体験をスタートしましょう!


まずはお姉ちゃんと弟くんから。がんばるぞー!!


先生のお手本。しっかり見て覚えてね!

大西さん
大西さん
最初のステップは“土殺し”と呼ばれる作業。電動ろくろを回しながら粘土をこねて、成形しやすくする下準備です。

大西さん
大西さん
下準備が完了したら、親指で穴を開けていきますよ!


真剣モードなふたり

大西さん
大西さん
開けた穴をゆっくり広げていきます。

大西さん
大西さん
好みの形になるまで穴を広げて、整えたら・・・


あっという間におちょこが完成!

大西さん
大西さん
流れはわかったかな? 次はふたりの番!しっかりサポートするので、焦らずゆっくり作っていきましょう!


お姉ちゃん、お茶碗づくりスタート!ちょっと緊張してる?


指で穴を開けて・・・そうそう、その調子!


お茶碗の形になってきた!

お姉ちゃん
お姉ちゃん
わ~、ちょっと力を入れるだけで形が変わっちゃう~!

大西さん
大西さん
大丈夫、大丈夫!お姉ちゃん、陶芸センスありますね!


弟くんのマグカップは・・・おおっ、もう完成間近!!

弟くん
弟くん
いい感じにできてきた!

大西さん
大西さん
弟くんもいい感じですね!ふたりとも本当に上手!


じゃーん完成~!

大西さん
大西さん
うん、どちらもいい器です! この調子でどんどん作っていきましょう!


粘土を触るだけでも楽しいね♪


さぁ、続いてはママが体験!

大西さん
大西さん
すべての器に言えることですが、厚さや深さが少しでも変わることで、使用用途や使いやすさがガラリと変わってきます。“おそろい”ということなので、形を揃えるのも大事なポイント。お母さん、気合入れて作りましょう(笑)!

ママ
ママ
ひー!がんばりますーーー!


先ほどのマグカップやお茶碗とは違い、深く穴は開けず広げていく感じ


さすがママ! いい形になってきました!


子どもたちからの厳しい出来栄えチェック(笑)


ちょっと差はあれど、いいお皿ができました!


ひとり1時間もかからず、あっという間に3つ完成!大満足です♪


色は5色からチョイス!

大西さん
大西さん
お疲れ様でした!みなさん、いい器が出来上がりましたね!作った3点のうち、お気に入りの2点を焼成します。もちろん追加料金をいただければ、全部焼くことも可能です。

お姉ちゃん
お姉ちゃん
ママ・・・(期待する目)

弟くん
弟くん
ママ・・・(期待する目)

ママ
ママ
うっ・・・全部焼いてください(笑)

お姉ちゃん
お姉ちゃん
やったー!

大西さん
大西さん
はじめての陶芸体験はいかがでしたか? 陶芸は「作る楽しさ」と「使う楽しさ」、2度味わうことができます。自分で作った作品は愛着がわき、器を大切に扱うようになりますよね。自分で使う以外にも、結婚式での両親への感謝の一品として、大切な方へのプレゼントとして作ってみるのもおすすめです。工房にはショップも併設していますので、ぜひ見ていってください。


白を基調としたオシャレなショップには、大西さんが丹精込めて作った作品や商品が並ぶ


徳島ならではの藍を使ったシリーズ


淡いブルーがとってもカワイイ!

ママ
ママ
大谷焼というとけっこう渋い器が多いのかと思ったけど、今風なものから伝統的なものまで幅広くあるんですね!

大西さん
大西さん
そうですね!伝統とトレンド、どちらも大事にしながら、使う方をしっかり思って制作しています。


ショップは常時オープンしているので、体験をしなくてもお買い物ができます


ママは模様付き皿、弟くんはネコちゃん皿、お姉ちゃんはフラットプレートをお買い上げ!

お姉ちゃん
お姉ちゃん
初めてだったけど、とても面白かったです!早く自分が作ったマグカップを使ってみたいな。ずっと大事にします!

弟くん
弟くん
早くおじいちゃんとおばあちゃんにプレゼントしたい!喜んでくれると嬉しいなぁ。

ママ
ママ
子どもより親のほうが熱中しちゃったかも(笑)!家族で陶芸体験ができて、とてもいい思い出になりました。次はパパも連れてこようね!

大西さん
大西さん
作るだけじゃ物足りない、削りも釉薬掛けも自分でやってみたい、もっと色んなものを作れるようになりたい!そんな方には陶芸教室も開催しておりますので、ぜひご入会ください。


大西陶器さんのホームページでは、ショップで扱う商品の詳細な画像もアップされているのでチェック!

陶芸体験

営業時間  9:00~17:00 (水曜定休日)
所要時間 約1時間
予約制 要予約
料金 手びねり体験2,000円(税別)、電動ろくろ体験2,300円(税別)、絵付け体験1,000円(税別)~

 


ドキドキしながら待つこと約1カ月、思い出いっぱい詰まった器が完成しました!

まだまだあります、大麻町特集!
【大麻町特集その①】採れたて絶品しいたけに感動!サンコウファームしいたけ狩りにいってみた
【大麻町特集その②】ご先祖は〇〇!?お酒好き3人組が“徳島最古の酒蔵”本家松浦酒造で蔵見学!
【大麻町特集その③】オトナ女子も陶芸がした~い!大谷焼 元山窯ではじめての電動ろくろ体験!
【大麻町特集その④】徳島が誇る伝統工芸・大谷焼! 創業140年・矢野陶苑で“ねって、こねって”手びねり体験
【大麻町特集その⑤】【大麻町特集】熟成期間1年以上!?絶品醤油を作る福寿醤油は194年続く超・老舗蔵だった!
【大麻町特集その⑥】森陶器で電動ろくろ体験やってみた!国登録有形文化財の登り窯&水琴窟も必見
【大麻町特集その⑧】大谷焼づくりは超ハード!?自分だけの器を目指して梅里窯で手びねり体験
【大麻町特集その⑨】元気いっぱい3兄弟が佳実窯で大谷焼体験!電動ろくろ&絵付けに挑戦

Information

大谷焼窯元 大西陶器

住所
徳島県鳴門市大麻町大谷東山谷17−2
電話番号
088-689-0414
営業時間
9:00~17:00
定休日
水曜
駐車場
ホームページ
http://onishitoki.jp/

この記事はどうでしたか?

参考になった方、面白いと思ってくれた方へ!
徳島の魅力をたくさんの人に伝えたいので
ぜひお友達にも
各種SNSでシェア拡散
お願いします♥

テキストのコピーはできません。